16日を過ぎたら、嘘みたいにケロっとメンタルが復調した(笑)

そういえば…長崎の原爆投下日位から終戦日辺りになると動けなくなって、生きるか死ぬかみたいな気持ちになる。



戦争の真実が、どこにあるのか分からないけれど
どんな理由であれ、たくさんの人が苦しんでなくなったことは事実。
そして、未だに苦しんでいる人たちも大勢いる。


そして、携帯・車・医療・電気これは全て軍事産業の落とし子である。
これらを使う時、せめてこの時期位は思いを馳せて欲しい。
私たちの日常生活の足元が、何よって培わたのかを。


なくなった方の魂
生きている人たちの魂
これらを受け継ぐ未来の魂
合掌